Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gamerkerlon.blog.fc2.com/tb.php/21-9569d21a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

フランスのリーグの雑感

 FM2014で放浪プレイをしていたら、フランスで監督業をやることになり、少しプレイしたので、雑感を書いてみる。

 リーグの勢力は御存知の通り、金満のパリ・サンジェルマンとASモナコが頭ひとつ抜けていて、あとは2002年から2008年にかけて7連覇を達成したリヨンや、古豪のマルセイユや、リーグ1最多優勝を誇るサンテティエンヌなどの中堅クラブが続く感じである。
 私はFM2014ではモナコで、FM2013ではリヨンでプレイをしたことがあるのだが、両方ともに上手くいかなかった。ASモナコに関しては主力選手のほとんどが移籍初年度であるのが原因で上手く行かなかったのではないかと思うが、そもそも私が下手糞なのでなんとも言えない。リヨンに関しては、新スタジアム建設などのおかげでとにかく金欠である。
 もう1つASモナコに関してなのだが、フランスのリーグに所属しているものの、本拠地がタックスフリーの国であるモナコであり、選手の契約時(他の国より手取りが多いので有利らしい)などで有利に働くらしい。現実世界ではこの件が不公平であると他のクラブから文句が出たため、どうやってか忘れたが(たしか財務的な拠点をフランスに置くことにするとかだった気が)税制をフランスと同様のものにされていた気がする。そのためにASモナコのオーナーがやる気を無くしているとか。しかし、FM2014ではまだモナコの税制であるみたいだ。

 リーグのレギュレーションに関しては、まずEU外の選手を4人までしか登録できないのだが、アフリカのほとんどの国やオセアニアなどは例外であり(旧植民地とかの名残?)、実際には中南米やアジア出身の選手の人数を気をつけることになる。アフリカは例外の上にフランス語圏の国が多いせいか、ある程度の人数のアフリカ国籍の選手が所属しているクラブがあり、そういったクラブは2年ごとに冬に開催されるアフリカ・ネイションズカップの時期は厳しい戦いになる。
 また、ここ10試合で3回のイエローカードで1試合の出場停止なので、カードをもらいやすい選手は気をつけたほうが良さそう。
 2部以下はたしかベンチが5人なのでベンチメンバーを決めるのが大変。
 国内カップ戦が2つあるので、強豪クラブは結構日程が大変なことになる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gamerkerlon.blog.fc2.com/tb.php/21-9569d21a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Kerlon

Author:Kerlon
twitter:https://twitter.com/kerlon_fm

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。