Entries

【FM2015】ACミランでセリエA優勝を目指すよ Part3

ニコニコ動画に「【FM2015】ACミランでセリエA優勝を目指すよ Part3」をアップロードしました。


前回の言い訳と繰り返しになりますが、予想外の再生数やコメント数の多さ、広告による宣伝にとても驚いています。皆さんありがとうございます。

Football Managerは試合のとき以外はスクリーンショットで動画をすすめることができるので、容量や画質の面で動画を作りやすいですね。しかし内容面で、このゲームは初年度のプレシーズンが忙しくて、あとは基本的に試合をこなすだけの単純な作業になりがちで特にシーズン中盤は中だるみになってしまいます。しかし、ACミランはムンタリとデ・ヨングが動画に良いアクセントを加えてくれますね。

今回も怪我人が発生したり、毎試合ムンタリが前半にイエローカードを貰ってハーフタイムに交代されたりしますが、なんか動画終了時点でミランは好調で、9勝2分の無敗で首位ですね。上手く行きすぎていて怖いくらいです。一方、手強いライバルになると思っていたユベントスが、すでに3分2敗もしていて、9位と不調ですね。

動画内で、モニタの前でガッツポーズをしていたと言いましたが、逆にモニタをぶん殴ることもあります。でも私はPSPを投げるときは、クッションに向かって投げるタイプの人間なので、モニタを殴るときも優しく殴っています。ちなみに、私はコントロールが悪いので、1回PSPを投げた時にクッションを外してしまい、PSPに傷がついてしまったことがありました。友人ではPS2のコントローラーを何回も買い替えている人がいます。

動画ではなく、Football Managerのネタバレなのですが、ボナベントゥーラとデシリオはメチャクチャ成長します。試合にちゃんと出していれば、数年でワールドクラスの選手に成長します。ちなみに、エルシャラウィが一番成長するのですが、怪我をしやすい設定なので、育成が難しいのと、試合にあまり出れないのが難点ですね。マストゥールも強くなりますが、まだ若いので、スタメンで使えるレベルに育つのには時間がかかります。日本の選手でも前の作品では、清武が結構強くなりリバプールで10番になったり、なんか酒井高徳もリバプールでレギュラーになったりしましたが、なんか作品を重ねるごとに、日本人選手の潜在能力は下方修正されている気がします。そのなかで、岡崎選手は逆にシリーズごとに強くなっている気がします。前の作品の岡崎は、なんか前線を無駄走りしている選手という感じだったのですが、今作では効果的に走り回る選手という評価になっている印象です。

そういえば、part2という早い段階で自分の名前について突っ込まれるとは思いませんでした。私の名前は実在の選手である、ケルロン・モウラ・ソウザからとっています。ご存じの方も多いかもしれませんが、アシカドリブルで有名で、アシカドリブルで検索したらこの選手のプレー動画が見れると思います。2005年のU17南米選手権で得点王とMVPをとるなど期待されていた選手で、その時代に発売されたFootball Managerでは優秀な選手に成長します。しかしながら、現実ではクルゼイロからセリエAのインテルに移籍しましたが、怪我に苦しみ続け、契約満了後に退団しました。その後は日本のJFLに所属していた藤枝MYFCに所属していたこともありました。日本でプレーしている時に見に行きたかったのですが、結局見に行けませんでした。コメントした方は実際にプレーを見たらしく、うらやましいです。


part1が1000再生を超えて驚いています。今後も見ていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gamerkerlon.blog.fc2.com/tb.php/31-a3bc2d14

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Kerlon

Author:Kerlon
twitter:https://twitter.com/kerlon_fm

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR