Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gamerkerlon.blog.fc2.com/tb.php/7-5dd322cd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

良い選手を獲得する方法(Football Manager)

 良い選手の基準は人それぞれなのだが、ここではそういった良い選手を発掘するための手助けを書く。

 まずは、「F5キー」を押すと出てくる選手検索画面について話す。
playerserch.png

 ここに表示される選手はスカウトなどのスタッフ(会長、フットボールディレクターも?)がスカウト知識を持っている国のリーグに所属している選手が表示される。逆に言うと、知識を持ってない国のリーグに所属している選手は、世界的に有名な選手などの一部の例外を除き、表示されない。
 よって、スカウトを獲得するときはスカウト知識も割と重要な要素といえるだろう。知識があると設定される国は、そのスタッフの国籍の国や、選手またはスタッフとして仕事をした経験がある国である。国籍によってはその周りの国や、結びつきが強い国の知識を持っていることがある。また、いろいろな国で仕事を経験した人物は環境適応の能力が高く設定されていることが多いので、チェックしてみると良いと思う。知識がない国であっても、そこへスカウトとして派遣すればその国の知識を獲得することができる。もとから持っている知識は不変だが、後から獲得した知識は時間とともに減少する気がする。

patrik_andersson.pngpatrik_andersson.png
元スウェーデン代表のパトリック・アンデション。自国のリーグからEPL、ブンデス、リーガ・エスパニョーラと渡り歩き、引退後はマンチェスター・ユナイテッドのスカウトを勤めるなど、世界を渡り歩いているのでそこそこの環境適応と幅広いスカウト知識を持つ。さらに、スウェーデン出身の人物は北欧の国の知識を幅広く持っている設定なので、スカウト知識の項目が大変なことになっている。しかし、北欧から優秀な人材をスカウトするためにマンチェスター・ユナイテッドにスカウトとして雇用されたが、全く成果を上げることが出来ずにクビになったせいなのか、能力判定に関する能力が酷い。


 次に、手動でプレイヤー自ら選手を探す方法を紹介する。といっても、大したことではないのだが、各国のA代表や世代別代表はCPUの監督がしっかりと選出しているので、ちゃんとその国の優秀な人材が選ばれているので、そこをチェックすると良いだろう。また、強いクラブには強い選手がいるで、メジャーでないリーグの名門チームなどをチェックするのも良いだろう。

brazil20.png
U20ブラジル代表のチェックは欠かせないだろう。

sparta_prague.png
チェコの名門スパルタ・プラハ。FM2013の時は、チェコ若手期待のストライカーのカドレツやカメルーン代表に選ばれたことのある電柱Kweuke(読めない)などなどわりと良い人材がいた。


 最後に反則技を紹介する。「Football Manager 2014 Wonderkids」や「FM Genie Scout」をgoogleで検索してみよう。


 こんな感じで、Tips的な記事を書いていこうかと最近思っている。前に色々なチームを優勝させようとかいっていたが、アレは嘘だ。やはり、思い入れのあるチームなどモチベーションとなる要素があるプレイじゃないと続かないことがわかった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gamerkerlon.blog.fc2.com/tb.php/7-5dd322cd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Kerlon

Author:Kerlon
twitter:https://twitter.com/kerlon_fm

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。